記事一覧

素敵な贈り物♪

今年も、恒例のMUSIK MESSEがありました。
当店で輸入している
Marc Schmiedhäuserから、とても素敵なプレゼントを頂きました!!可愛い!!!

ファイル 234-1.jpg
なんとお皿にホルンの絵と、Marcのブランドロマークが描いてあるのです(*^。^*)

ファイル 234-2.jpg
裏には、Marc氏からのメッセージがありました。

早速、店内に飾りましたので
お店にお越しの際にぜひご覧ください♪

そしてそして!
新商品を入荷予定です。
Marcからガイヤーモデルが登場です。
7月頃の入荷予定です☆
ファイル 234-3.jpg

詳細はまたご案内いたします!!
私も早く吹いてみたい!!

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

今日のお昼頃・・来日中のワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のホルン奏者の方々が来店されました!

Beth Grahamさん(写真右)とFeriks Gmitrukさん(写真左)
FeriksさんはワルシャワフィルのSolo Horn奏者だそうです。
ファイル 233-1.jpg

ベストブラスのウォームアップミュートと、ウォレスコレクションのウォームアップミュートを吹き比べ中・・
海外ではベストブラスの商品がなかなか手に入らないそう。
ファイル 233-2.jpg

Marcや、PAXMANシリーズ4も試奏して頂きました♪
ファイル 233-3.jpg

その後、店内も色々ご案内しNEROナチュラルホルンや、ポケットホルンなども吹いて楽しんで頂けたようです^^
ファイル 233-4.jpg

最後に恒例の記念撮影♪
ご来店ありがとうございました☆
ファイル 233-5.jpg

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
東京公演:2月21日・22日
東京オペラシティコンサートホール

北海道公演:2月23日・24日
帯広市民文化ホール(23日)
札幌コンサートホール(24日)

お父さん

ファイル 232-1.jpg
ネロ楽器が少し、変わりました!!!

どこか分かりますか?

ファイル 232-2.jpg

もうちょっと寄りましょうか…。

ファイル 232-3.jpg

…つかえます。

ファイル 232-4.jpg

…ということで、SoftBank Wi-Fiつかえます☆
ファイル 232-5.jpg

☆職業体験☆

今日は、川崎市の中学校から職業体験ということで男の子がお手伝いに来てくれました!

星くんです☆
ファイル 231-1.jpg
星くんは、中学校の吹奏楽部で副部長を務めている、テューバ奏者だそうです♪

ネロ楽器と楽器屋さんの仕事内容を知って貰うために少し説明をしたほか、楽器を磨いたり、小物やメンテナンス用品の値札付けを…
午後は、星くんが興味がある…と言っていた楽器の凹み出しや、ハンダ付けにもチャレンジしてもらいました!!

ファイル 231-2.jpg
ファイル 231-4.jpg

最後に、テューバ吹き…ということで、珍しい【オフィクレイド】を吹いてもらって、終了となりました♪
ファイル 231-3.jpg
ファイル 231-5.jpg
楽しんで貰えたら嬉しいです(*^^*)
星くん、また来てね♪

☆ウクライナ国立オデッサ歌劇場☆

先日、ウクライナからお客様がいらっしゃいました!!

ファイル 230-1.jpg
右の方が、ヤマハのYHR-862を使っているアレキサンダーさん
左の方が、アレキサンダー103を使っているセルジオさん

ウクライナ国立オデッサ歌劇場の日本公演ということで、1ヶ月近く日本に滞在しているそうです。

来店の目的は、セルジオさんのマウスピース選び。
今は、シュミットの#11を使っているようですが、アレキサンダーさんの勧めでPHCやPAXMANのマウスピースを試してみたい…ということでした。

いろいろ、試して頂いた結果、この日はPAXMANの4Bをご購入♪
この日は、ご自身の楽器を持って来なかったため、お店の楽器を試奏。
ファイル 230-2.jpg

そして今日、約20年前ヤマハと50年以上前のアレキを持ってお二人が再来店して下さいました。

そして、リペア綿貫に『修理して!』と。
リペア室の綿貫の横でずっと作業しているところを見ていました(笑)
工具にも興味があったようで、『この工具を売ってくれないか?』とも言われたそうです。

とても古いアレキを修理に出している間、現在のアレキを吹いてもらいました。
『交換しない??』と茶目っ気たっぷりに言ってきました。
でも、その古いアレキを当スタッフが吹かせて頂いたところ、とても息が通って良く鳴る!!とのことでした。

少しオデッサ国立歌劇場のことを調べてみました。

オデッサ国立歌劇場というのは、ウクライナのオペラハウスの中で最も歴史がある名門劇場で、劇場の起源を辿ると1809年まで遡ることができるそうです。

…ということは、創設200年以上になるんですね!!

オデッサという町は、黒海に面している港町だそうで、ご来店頂いたお二人もとてもユーモアがあり、明るく楽しい方でした。

今月末まで日本には滞在しているそうです。
プッチーニの『トゥーランドット』や、ボロディンの『イーゴリ公』の演目で全国ツアーをしています。
オデッサの管弦楽団・合唱団・バレエ団が一度に楽しめますので、興味を持った方は是非【ウクライナ国立オデッサ歌劇場】で検索してみて下さい♪

ファイル 230-3.jpg