記事一覧

☆Alex社長ご来店☆

ファイル 222-1.gif

今日は、12時過ぎにアレキサンダー社の社長さんと、マイスターがご来店の予定です☆

ネロのリペア勢が、日頃修理をしながら思っていることを、マイスターに直接質問してみようと思っています!

どんな質問&回答が頂けるのか、楽しみです♪

そして、今夜はクレヴェンジャー氏の公開レッスンにネロスタッフは出かける予定です☆

刺激の多い一日になりそうな予感です!!

☆第二回 ナチュラルホルン講座☆

今月13日は、第二回ナチュラルホルン講座でした◎

第一回目が、土曜日だったので、今度は日曜日に…と夕方16時からお店を閉めて開講しました♪

ファイル 221-1.jpg
まずは、テキストを読んでホルンの歴史のお勉強!
テキストに載っていないお話が面白かったりするんです♪
まだまだ始まったばかりなので、みなさんの顔も緊張気味です(笑)

ファイル 221-2.jpg
先生によるお手本があり、実際に受講者の方たちも音を出してみます。
やっぱり、難しいのは右手の操作法…。
ほんのちょっと角度を変えるだけでも音程がかなり変わります。
右手の形には、こうしなくてはいけない!!…というきまりはないらしく、演奏する楽器によって使い方を研究する必要があるそうです。

ファイル 221-3.png
先生が自由自在に右手を操る姿に、みなさん感心しっぱなし…。
ナチュラルホルンの柔らかな音色に魅せられました♪

先生いわく、ナチュラルホルンを練習した後にモダンホルンを吹くと、とても調子が良いそうです!!
逆に、モダンホルンの後にナチュラルホルンをさらっても、あまり調子は良くないのだとか…。
歴史は理に適っているんですね☆

ナチュラルホルンを練習すると、
①『ホルン』の音色・響きが身に付く
②音程感覚が良くなる(=音のイメージがしやすくなる)
③正しいアンブシュアが身に付く
④作曲家の意図をくめるようになる
…などなど、良いことがいっぱいなのです(*^^)/~

ネロ楽器では、これからもナチュラルホルンを浸透すべく、この講座を続けていきます♪
興味のある方は、是非、ご参加ください!

ファイル 221-4.jpg
講習後は、恒例の記念撮影☆
みなさんイイ顔してます◎
講座の最後にアンサンブルをしたりして、とても楽しそうでした。
こうやって、仲間が増えていくのも楽しみの一つになりますね☆

大貫先生のレッスンの後…と言えば!!
楽しい楽しい親睦会です☆
ここでは、お酒の力も借りて、普段疑問に思っていたことを何でも先生にぶつけていました。
『こんな時、どう吹くのか…』
『この曲はどうすれば簡単に吹けるのか…』
ファイル 221-5.png

ホルン大好き!な人が集まると、どうしても時間を忘れてしまいます(^^;)
この日も、終電を気にしながら、ホルン談義に花を咲かせました☆
良いお話が沢山聞けて、早く楽器吹きたい!!今聞いたことを試してみたい!!…という気持ちも伝わってきました。

※親睦会は、毎回やるものではありませんが、受講者の希望があれば、開催します♪

次回のナチュラルホルン講座は、まだ未定となっております。
日時が決まり次第、HP上でお知らせ致します!!

近日、ネロオリジナル ナチュラルホルンも入荷の予定なので、お持ちでない方は、是非ご購入下さい♪
販売価格 \79,800-です(^_^)/~

☆2011楽器フェア☆

ファイル 220-3.jpg
昨日、みなとみらいのパシフィコ横浜で開催されている『楽器フェア』に行ってきました♪

今年は、管楽器のブースが少なく、ちょっと寂しい感じもしましたが、いつもお世話になっている業者さんのブースを回ったり、ネロ楽器ではあまり関わることのない電子楽器やギターなどのブースも見て来ました。

ファイル 220-1.png
↑グローバルさんのブース
青を基調とした、爽やかなブースでした!
金管楽器は、ヴェンツェルマインルやB&S、シルキー、XOなどが並んでいました。
新製品wをはじめ、どの楽器も試奏も可能です!!

ファイル 220-2.png
↑ヤマハの巨大ブース
国内最大楽器メーカーのブースは、ピアノから管楽器、電子楽器、打楽器まで何でも揃っています。
ブースの横にはイベントホールも完備し、中でライブを聴くこともできます!!
ヤマハは、この秋にサックスやトロンボーンの新製品を発表したので、試奏するお客様で賑わっていました!
ウィーンフィルでも使われているという、ヤマハ製のウィンナホルンも展示してありました。

会場の奥には、アウトレットコーナーもあり、楽譜やリード、楽器アクセサリーやケース等、通常よりもかなり安くお買い物ができます。
中には、掘り出し物もあるかもしれません♪

ファイル 220-4.jpg
↑こちらは、珍しいピアノたち。
開催中は常時展示してあります。
(演奏はできません。)
左側の木製ピアノは小室哲也氏がデザインしたヤマハ製。
伝統の技と先進技術の結晶です。
右側のピアノが、透明アクリル樹脂でできたカワイ製クリスタルグランドピアノ。
X Japan のYoshiki氏がライブやツアーで使用している愛用のモデルと同型のもの。

ファイル 220-5.png
↑その他のブース。
KORGでは、メーカーロゴの入ったラピングトラックや二階建てのロンドンバスがお目見え☆
どのブースも試奏が可能なので、思い思いに演奏を楽しんでいました。
中には、小学1年生くらいの男の子がベースをめちゃくちゃ上手に弾いていて、ビックリする光景にも遭遇しました!!

この楽器フェア、11/6(日)まで開催しています。
お時間のある方は、マウスピースを持って、遊びに行ってはいかがでしょうか?
http://musicfair.jp/

ドイツ出張~5日目最終日~

さて、今日は出張の最終日。

と言っても一日ミュンヘン観光なんですけど(笑)

朝9時にバスで出発。今回は日本人のガイド付きでした。
道中ずっとガイドしていましたが、疲れのせいかほとんど耳に入りませんでした・・・

まず最初に寄ったのがBMWの本社!!
幕張メッセ並に車が展示されていました。

ファイル 219-1.jpg
ファイル 219-2.jpg

この本社で車を購入した場合の特典がすごいらしく、ドイツの人もBMWは本社で買う人が多いそうです。

購入したお客さんは納車日に本社に取りに行くと、まず別室に案内され、自分の車がスポットライトを浴びてターンテーブルの上で回転するそうです。
それ以外最上階のレストランの食事券やVIPルームでのサービスが受けられるとのことです。

皆さんもBMWを購入される場合は是非本社で!!(笑)

その後、ミュンヘン近郊にあるニンフェンブルク城を見学。

ファイル 219-3.jpg
ファイル 219-4.jpg

ヨーロッパ特有の調度品や天井や壁にはたくさんの絵画が見られる。
日本で言えば名古屋城を見学する感じなのか・・・
ぜんぜん違いますね・・・・・(汗

お昼には街中に戻り、午後は各自自由行動となりお土産調達に必死になりました。

夜9時頃の飛行機でドイツを離れ、土曜日に3時半に無事に帰国。

最後に解散式をして皆さんと別れを惜しみました。。
ファイル 219-5.jpg

今回の出張で、アレキサンダーとハンスホイヤーのこだわりを十分に目で見られて勉強になりました。

それよりも各楽器店の参加者との交流が一番楽しかったのが本音です。
少なくとも私は良い歳をして久しぶりの修学旅行気分でしたから!!!

========終わり=======

ドイツ出張~4日目~

皆様こんばんは!!

もう日が暮れるとすっかり涼しくなりましたね。。。
風邪を引かないようにご注意ください~

*******************************

さて4日目はハンスホイヤーの工場へ出発。
1993年に建てられたこの工場は真っ白でかなり目立ちます。

ファイル 218-1.jpg

入り口を入ると楽器やプレーヤーの写真が飾られていました。
この奥がもう工場です。

ファイル 218-2.jpg

工場は非常に整頓され、ヤマハの埼玉工場をコンパクトにした感じの内部でした。

こちらではハンスホイヤーホルン以外にもテューバやその他、他メーカーも作っており、ホルンだけで年間2000本製造するそうです。従業員は200名ほど。
ヨーロッパではかなり大規模な楽器工場です。

このマルクノイキルヒェン自体が楽器と共に成長してきており、B&S社社長のマイネル氏も代々引き継いでいるようだ。

マイネル社長とツーショット!!
ファイル 218-3.jpg

お昼過ぎにはB&S工場を後にし、バスにて5時間かけてミュンヘンへ!

夜はかの有名な「ホッフブロイハウス」というビアホール。
マイネル社長もバイエルンの正装?!に着替えて登場。
ファイル 218-4.jpg

ホールはかなり巨大で200人以上は入るのか・・・
これもほぼ満席となる。

舞台では金管5重奏のバイエルン民謡に合わせて踊る男女も出現!!
ファイル 218-5.jpg

全員1リットルのビールを注文したが、若い女性がこのでかいビアジョッキを一度に7個も運んできたのにはまたビックリ(笑)
これがここの名物なんですね~~

こちらは9時にはお開きとなり、マイネル社長達とはここでお別れ。

参加者の皆さん、移動で疲れていたはずだがまた最後の夜の街に消えていった・・