記事一覧

カラフル~

本日、MBケースが入荷してきました!!
特注カラーも入ってきたので、ドキドキ・・

「見たことがない組み合わせを・・!」
とオーダーしたのが

グレー×ピンクとグレー×ターコイズ
ファイル 209-1.jpg

個人的にはグレー×ピンクがオススメです♪

そしてやはりこの色は目立ちますね・・^^
ファイル 209-2.jpg

今なら選びたい放題です!早い者勝ちです!
特注になると、ご注文を頂いてから6~10ヶ月ほどかかりますが
他に違う色の組み合わせも可能です。

あ!この子達も忘れないでくださいね☆
PAXMANロゴ入りのケース♪
ファイル 209-3.jpg

お気に入りのカラーがあれば、ぜひぜひお問い合せ下さい。

☆古い写真☆

こんな写真を見つけました。

前店舗の地下で行われた懇親会の時の写真です☆

もの凄い顔ぶれ!!

ファイル 208-1.jpg

☆リチャード・トッド ホルン リサイタル☆

ファイル 207-1.jpg

3月に予定されていたコンサートが震災の影響で中止となってしまった、リチャード・トッド氏のホルンリサイタルですが、12月に待望の来日公演が決定しました!!

当店でもチケットを販売することになりましたので、ご案内させて下さい♪

■12/14(水)
大阪公演 千里ヤマハホール
開場18:30 開演19:00

■12/15(木)
東京公演 白寿ホール
開場18:30 開演19:00

■Program
~CLASSIC~
 R.シューマン:幻想小曲集 作品73
 O.メシアン:「峡谷から星へ」よりAppel Interstellaire
 J.フランセ:ディヴェルティメント

~JAZZ~
 I.ジョーンズ:There is No Greater Love
 S.ロンバーグ:Softly as Morning Sunrise
 R.トッド:Discovery(through the eyes of a child)
 R.トッド:Central Avenue Strut
 
■Cast
 ホルン:リチャード・トッド
 ピアノ:遠藤直子、柴田敏孝
 ベース:須川崇志
 ドラム:堀越彰

■チケット
一般¥2000/学生¥1500(全席自由)

ネロスタッフも大注目のコンサートです!!
私も今から楽しみです☆

商品に関するお問い合せは、ネロ楽器TEL:03-3400-7466、もしくはこちらよりメールを送信してください。

詳細は、こちらをご覧ください!

ヤマハミュージックトレーディングHP
http://www.y-m-t.co.jp/hanshoyer/news1214-1215.html

☆YHR-863☆

先日入荷した中古のヤマハYHR-863☆
この楽器に詳しい方にお話を伺いました♪

ファイル 206-1.jpg
親指がピストンになっているのが特徴的なこの楽器は、約30年前に開発されました。
シカゴ響のクレベンジャー氏が、C.F.シュミットのフルダブルホルンを使っていて、来日の際に『日本でもこういうの作らなきゃ!』と開発を提案したのが始まりだそうです。

なんと!当時、ネロにあったシュミットモデルを基に、このYHR-863は作られたとのこと。
(…数年前まで、確かネロの地下に眠っていたような…)

親指の切り替えをピストンにした訳は、何と言っても【息の通りが滑らか】な点だそうです!
確かに、ピストンは押しにくいのです…。
ただ、それにも勝る、理由がここにあります。

全体的に大きな巻きをしていて、ゆったりとした配管(特にF管)が息のコントロールをしやすくさせているそう。

持った時に重量を感じるのは、金属が少し厚めになっていることや、支柱にテューバにも使う太目なものを使用していたり、ハンダをベタ付けしていることが理由なのだそうです。

ファイル 206-2.jpg
↑テューバ用の支柱

ファイル 206-3.jpg
ファイル 206-4.jpg
↑赤い部分がハンダベタ付けされた箇所
他にも、多量のハンダが使われている。

重量をつけることで、しっかりと鳴るようになっているそう。
どんなに息を吹き込んでも割れないシカゴサウンドを出すには、これくらいしないと楽器が負けてしまうのでしょうか??

他にも、マウスパイプは腐食しにくいゴールドブラスを使用し、ほぼハンドメイドで仕上げてあるそうです。
ファイル 206-5.jpg
↑ゴールドブラスを採用!

お話を聞かせてくれた方に、この楽器を見せたところ、『懐かしい楽器だなぁ!この楽器のファンは沢山いてね~!!』と仰っておりました。
来月、クレベンジャー氏が来日します☆
もし、会う機会があれば、この楽器のことをお話ししてみたいです♪

☆今月のオススメコンサート☆

【芸術の秋】…ということで、今月開催される演奏会をご紹介したいと思います♪

まずは…
ファイル 205-1.jpg
■福川伸陽 ホルンリサイタル■
10月11日(火)開演19:00~
東京オペラシティリサイタルホール

1981年生まれの実力派!福川伸陽氏のホルンリサイタル!!
福川氏は、武蔵野音楽大学在学中に多数のコンクール、オーディションに合格。
2003年より日本フィルハーモニー交響楽団に入団。現在首席奏者を務める。
2003年第20回日本管打楽器コンクール第二位。
2008年第77回日本音楽コンクール第一位。

いつもクラシカルでかわいい車に乗ってお店に来て下さいます。
ソリストとして堂々たる演奏をお見逃しなく!!

お次は…
ファイル 205-2.jpg
■Tokyo Brass Symphony Concert Vol.5■
10月16日開演19:00~
杉並公会堂 大ホール

N響、新日フィル、都響、日フィル、読響に所属する豪華メンバーによるブラスアンサンブル!!
在京オケのメンバーの演奏を聴ける機会はそうそうないでしょう!
パーカッションに、植松透氏、山下雅雄氏を加え、更にパワーアップした演奏は必聴です♪

お次は、オーケストラを!
ファイル 205-3.jpg
■スクロヴァチェフスキー指揮
ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団■
10月19日(水)開演19:00~
東京オペラシティ コンサートホール
モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調K551『ジュピター』
ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調『ロマンティック』

10月20日(木)開演19:00~
東京オペラシティ コンサートホール
シューマン:交響曲第4番 ニ短調 op.120
ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調

ザールブリュッケン放送交響楽団とカイザースラウテルンSWR放送管弦楽団が合併して創立されたこのオーケストラは5年ぶりの来日公演だそう。
88歳の巨匠スクロバチェフスキーの代表的なレパートリーであるブルックナー!楽しみです!!

そして、最後にご紹介するのは、第80回を迎えた、日本音楽コンクールの本選です!!
1次・2次予選を勝ち抜いた若手ホルン奏者4人の演奏が聴けます。
■第80回 日本音楽コンクール ホルン部門■
10月25日(火)開演17:00~
東京オペラシティ コンサートホール

演奏曲は『トマジ:ホルンとオーケストラのための協奏曲』
本選出場者は下記の通り(=演奏順です)
①豊田実加(とよだ みか)
②岸上穣(きしがみ じょう)
~休憩~
③濵地宗(はまじ かなめ)
④日橋辰朗(にっぱし たつお)

詳しくは、日本音楽コンクールHPをご覧ください

http://oncon.mainichi-classic.jp/

これからの日本ホルン会を背負って立つホルン吹きが誕生する瞬間を皆さんも見届けませんか??

その他の演奏会情報は、コチラからご覧下さい♪