記事一覧

スペースカウボーイ

知ってる人は知っている、密かな人気を誇るTONART CARDO CASEが入荷しました。

ファイル 195-1.jpg
今回の色はSPACE COWBOYです。

ファイル 195-2.jpg
既存のケースには無い斬新カラー、シルバー×オレンジが素敵過ぎます。

ファイル 195-3.jpg
なんかメンインブラックとかマトリックスのエージェントが持ってても違和感ないですね。かっこいい。

開けたら光線銃とか極秘開発中の薬品とか出てきそうです。

ファイル 195-4.jpg
と思いきや中はベロアっぽい布地でオシャレさんだったりします。

アレキ・デュルク・シュミット・マルク等の小さい巻きの楽器が入ります。

販売価格\84,000-になります。実は宇宙から来ていたりする貴方に。

宜しくお願い致します。

☆Selmer ピストンホルン☆

本日入荷した、大変珍しい楽器をご紹介します。

ファイル 194-1.jpg
フランスのセルマー社のピストンホルンです。

ファイル 194-2.jpg
純正のハードケース付き

ファイル 194-3.jpg
とても美しい形をしている楽器です。
写真には写っていないウォーターキーやロータリーキャップ、支柱など、全てのパーツがいちいちステキです☆

ファイル 194-4.jpg
楽器の裏側はこんな感じ。
#3管はC上昇となっております。

ファイル 194-5.jpg
付属のマウスピースは全部で3本。
それぞれサイズが異なります。
全てのマウスピースにセルマーのロゴが刻印してあります。
形が独特で面白いです!

以前、千葉先生が所持していた楽器コレクションの中にセルマーのピストンホルンがありました。
あの楽器は銀メッキでしたが、今回はラッカー仕上げとなっております。(ベルのみノーラッカー?)

ネロで働いて8年ほど経ちましたが、私もこれでお目にかかったのは3本目です。
いつ見ても、キレイな楽器で惚れ惚れします。

☆アルペンホルン☆

ファイル 193-1.jpg
壁に掛けてある、透明なアルペンホルン。
…実は、これ、ガラス製なんです!!

ファイル 193-2.jpg
この楽器は、故千葉馨先生が佐々木ガラスさんに作らせたという、G管のアルペンホルンです。

ファイル 193-3.jpg
全長約3.4m
ガラスなので、割れたら大変!!
慎重に取り付けを行いました。

ファイル 193-4.jpg
ベルの部分には、きれいな絵が描いてあります。
下から見えないのが残念(>_<;)

地震が来ないことを祈るばかりです…。

☆Marc Schmiedhäuser入荷しました☆

ファイル 192-1.jpg
ご注文を頂いて約4ヶ月、ようやく届きました!!
Marc Schmiedhäuserのフルダブルホルンです。

ファイル 192-2.jpg
今月から週3回来てくれている元ヤマハアトリエ東京の小島氏も絶賛の美しさです!
 
ファイル 192-3.jpg
海外からは、段ボール箱に梱包されて入荷してくるのですが、その、梱包の仕方からも、Marc氏のこの楽器に対する愛情をうかがい知る事が出来ます。

ファイル 192-4.jpg
一切妥協のない、見事な完成度です。

ファイル 192-5.jpg
付属のCardo Caseは、今回は、【A NIGHT AT THE OPERA】というモデルで入荷しました。
外側はシックなブラックですが、中を開けると、赤いサテン地のペイズリー柄がパッと目を惹きます。

とても軽くオシャレなケースです。

今後もオーダーを入れてあるのですが、Marc氏が一人で手作業で作っているため、入荷までにとても時間がかかります。
また、北欧のオーケストラが団でまとめて購入するらしく、やはり次の入荷までには、少し時間がかかりそうです。

クランツ付きのベルや当て金も可能だそうなので、そちらの仕様でもオーダーをしてあります。

まだ発表されていませんが、ガイヤータイプの楽器も制作途中だそうです。
噂によれば、不思議な所にロータリーがあるのだとか…!
楽しみです☆

☆ネロ楽器の壁☆

ネロ楽器の壁にカラフルな文字が出現しました!!
ファイル 191-1.jpg

全部で、4つの文章が書かれているのですが、さて、なんと書いてあるのでしょうか…??

ファイル 191-2.jpg
Es schwinden jedes Kummers Falten, so lang des Liedes Zauber walten.
Friedrich Schiller

ファイル 191-3.jpg
Wo die Sprache aufhört, fängt die Musik an.
E.T.H. Hoffmann

ファイル 191-4.jpg
Die Musik ist die Sprache der Leidenschaft.
Richart Wagner

ファイル 191-5.jpg
Ohne Musik wäre das Leben ein Irrtum.
Friedrich Nietzsche

答えは、来週のねろぐ♪で…!!