記事一覧

☆キンダーホルン☆

皆様こんにちは! 久々のねろぐ♪更新です。

先日、最新号のパイパーズ(3月号)やホルン協会会報にて
キンダーホルンの記事が掲載されており、にわかに話題のキンダーホルン。

ネロ楽器でも、つい先日入荷致しました!
パックスマン社製・キンダーホルン「Primo」です。

FシングルとB♭シングルがありますが、今回はB♭シングルの入荷です。
(左:Primo 右:ハンスホイヤー)
ファイル 276-1.jpg

どれくらい大きさが違うかというと…

①普通のフルダブルホルン。
ファイル 276-2.jpg

②キンダーホルン。
ファイル 276-3.jpg

通常サイズのフルダブルホルンは、右手の位置や
左手からマウスピースまでの距離が遠く
負担がかかっている感じがしますね。

感想を聞いてみると、サイズも一回り小さく、親指のフックも付いているため
いつもよりも持ちやすく、音も楽に出しやすいとこと。

ベルのサイズはこんな感じです。(左:Primo 右:Model20)
ファイル 276-4.jpg
Paxmanのロゴも入っています。
ファイル 276-5.jpg

そして今回は、実際にホルンを吹いている小学生の方に、吹いてみてもらいました☆
動画はこちらからご覧下さい♪

☆2015 NEROナチュラルホルン☆

明けましておめでとうございます!

本年もネロ楽器をどうぞ宜しくお願い申し上げます☆

さて、只今セール中のNEROオリジナルナチュラルホルン
有り難いことに、大変ご好評を頂いております。

今回は、F,A,G,E,Es,D,C(CはD+1音管)のクルーク7本セット!
もちろんケースも付属です。
ファイル 275-1.jpg
ファイル 275-4.jpg

最近は、ご遠方にお住いの方などから
「ちゃんと音が出るんでしょうか…?」
「どんな音がしますか?」
といったお問い合わせが少なくありません。

そこで、本日は動画でもご紹介しちゃいます!
まずは、簡単な音階から。

もう一つ、モーツァルトのコンチェルトもご紹介。

後ろから見ると、手の動きがとても面白いですね!
ナチュラルホルン初心者の方も、お気軽に初めてみてはいかがでしょうか?

現在、在庫数が残り僅かとなっておりますが
1/12(月・祝)までにご予約頂いたお客さまは
次回入荷時に、同じくセール価格でご案内させていただきます!
(次回入荷は2月中旬予定です。)

ご不明な点などは、ご遠慮なくスタッフまでご相談ください♪
みなさまのご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております!

☆イスラエルフィル☆

今年の秋も、海外オーケストラ来日ラッシュですが、
先週はイスラエルフィルのYoel Abadiさんがお店に遊びに来てくださいました。
ファイル 274-1.jpg

イスラエルフィルは、先週末NHKでも演奏会の模様が放映されていましたので
ご覧になった方も多かったのではないか思います。

指揮者のズービンメータさんの話や、楽器、マウスピースなどの話で盛り上がりました。
この日はストレートミュートを選びに来たのですが、
先日入荷したばかりのPowerstopfのゲシュットプミュートも、とても好評でした☆
ファイル 274-2.jpg

同じ日、別の場所にて、こちらはテューバのShumuel Hershkoさんとアンサンブル大会!
今回は、日フィル・柳生さんをはじめ、芸大や武蔵野音大の学生さん達が集まりました。
ファイル 274-3.jpg

最後にHershkoさんとネロの営業マン曽川でツーショット!
ファイル 274-4.jpg

どうもありがとうございました☆

☆グリエルモ・ペッラリンさん☆

先週11/6(木)、日本ホルン協会によるマスタークラス&ミニコンサートが、
上野学園エオリアンホールで行われました。

今回のゲストは、聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団首席ホルン奏者の
グリエルモ・ペッラリンさん。
ファイル 273-1.jpg

この日の演奏会メニューは、
・ベートーヴェン/ホルンソナタ
・メシアン/峡谷から星たちへ…
・デュカス/ヴィラネル
の3曲。

とても豊かな音色と、素晴らしい音楽で魅せてくださいました。
ちなみに使用楽器はパックスマンのM20のノーラッカー。
ファイル 273-2.jpg

マスタークラスでは、作曲家による歌い方の違いなどもアドバイス。
さすがオペラの国、イタリアです!
メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」ノクターンをプッチーニ風に演奏するなど、
聴講しているこちらも、とても勉強になるマスタークラスでした。

その後はみなさんで懇親会。
全員で撮り損ねてしまったので、最後にツーショットいただきました!
ちなみに、カメラマンはうちの副社長・作道です(笑)
ファイル 273-3.jpg

11/12(水)まで聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団の来日公演もやっております。
http://www.kajimotomusic.com/jp/project/k=29/

彼のCDもネロに入荷致しております☆
数量限定です。気になる方はお早めにお問い合わせください!
ファイル 273-4.jpg

2014 Music China その2

ほとんどが中国の楽器メーカーの中、ビュッフェグループやデニスウィック、
パックスマンなどの海外メーカーも並んでおりました。
ファイル 272-1.jpg

こちらは日本のメーカーのブース。
中国では、日本製の楽器は、値段が高くてもとても人気があるそうです。
いろいろお話を伺いましたが、とても考えさせられますね。
ファイル 272-2.jpg
ファイル 272-3.jpg

そして今回、以前オーダーしていたナチュラルホルンを
再オーダーしてきました!
ファイル 272-4.jpg

以前よりクルークの数も増え、パワーアップする予定です☆
入荷予定が分かり次第、またHPやフェイスブックでお知らせ致します。
ぜひお楽しみに!

最後にパックスマンのジョン&スティーヴとの写真にて。
ファイル 272-5.jpg