記事一覧

☆ION BALU アナコンダ☆

変わったモノ(変なモノ)を生み出すのが得意な、ION BALUから、ようやく、ネロ吉田の望んだものが届きました!!
ファイル 171-1.jpg

その名も『アナコンダ』…ヘビ柄のMBケースです♪

もちろん、本物のヘビ革ではありませんが、鱗の具合など、リアルです…(@_@;)
ファイル 171-2.jpg

ネロ吉田が、上海メッセで見たヘビの皮が忘れられず、ION BALU社に『ヘビケース作って!』…とオーダーしたのが始まりです。

ケース内部は、いたってシンプル♪
ファイル 171-3.jpg
茶色で統一され、マウスピースポーチもレザー風です。
ミュートと譜面台も収納可能で、どんな楽器にも対応できる、マルチなケースです☆

ファイル 171-4.jpg
ケースの裏側はこんな感じ♪
譜面も収納出来ます。
クッション性の高いストラップなので、肩が痛くなりません。
留め具も、外れにくいベルト式を採用!

是非是非、本物を見に来て下さい☆

☆X'mas ツリー☆

お店に、ツリーがやってきました☆

是非、暗くなってから、お越し下さい♪

とってもキレイです(*^_^*)

ファイル 170-1.jpg

☆Horn Fair☆

毎年この時期に恒例となったAlexフェアですが、今年は楽器の確保が難しいため、“Horn Fair”と名前を変えて開催致します!!

今年のフェアの目玉は、先日、日本初上陸となった、Marc SchmiedhäuserのModel Privéeが早くも登場♪
ファイル 169-4.jpg

入荷以来、沢山の方に試奏して頂きましたが、その造りの精密さや、計算されたレイアウト、抵抗を限りなく少なくするためのパーツの形状など、仕上げの良さを実感して頂きました。
まだ、見て頂いていないお客様にも、ハンドメイドの技術の高さを知って頂きたい楽器です☆

フェアのために、Alexの最高級機種のトリプルホルン モデル301も入荷しております。
この機会に、是非試奏にご来店下さい(*^_^*)
ファイル 169-2.jpg

小さな便利グッズでは、先日ご紹介したヤマハのスライドグリスジェルや、五線紙になったテープ“五楽線”も再入荷致しております。
ファイル 169-3.jpg

店舗入り口も、もうすぐ【X'mas】ということで、少しデコレーションしてみました☆★☆
ファイル 169-1.jpg

毎年、12月はなんだかワクワクします♪
皆様のところにもサンタクロースが来ますように☆

☆Marc Schmiedhäuser ☆

3月のフランクフルト ミュージックメッセで、オーダーした  
Marc Schmiedhäuserのフルダブルホルン、“Model Privée”が入荷しました♪

ファイル 168-1.jpg
とても丁寧に作られていて綺麗な仕上がりです。
今回入荷したものは、同じモデルの黄ベル・赤ベルの2本。
ラッカーは、最高級のミューラーを使用しています。

ミュンヘン国際音楽コンクール第3位(このときの1位はバボラーク氏)、ハノーファー音大教授のマスクニティー氏が監修したホルンは、全てハンドメイドだそうです。

ファイル 168-2.jpg
↑ベルリング付近のロゴはこんな感じ。
【Marc Schmiedhäuser Germany】と書かれています。
Marcのイメージマーク、(マウスパイプから葉っぱが生えている)もカワイイです(^^)☆

ファイル 168-3.jpg
↑こちらが全体像
持った時の感じは、『軽いかな?』という気がしますが、バランスはとても良いと思います。
#4レバーが、指にフィットする形になっているため、持ちやすく感じました。
見た目はアレキ103に似ていますが、ロータリーは全て同じ大きさをしており、#4ロータリーも表を向いています。
ロータリーキャップにも、葉っぱの彫刻があります。

ファイル 168-4.jpg
↑マニアな方のご要望にお応えして、裏側の写真を!!
#4ロータリーはF/B♭の切り替え可です。
見ていて飽きないレイアウトをしています♪

ファイル 168-5.jpg
↑こちらのミュートは、Marcさんが楽器と一緒に送ってきたHC?というメーカーのもの。
ウィーンフィルのホルンセクションも使っているそうです。
(まだまだ、こちらのメーカーは調査します!!)
木製のチューニング可能なストレートミュートです。
写真にはありませんが、素材違いで、もう一つ届いています。
価格は、少し高め…の設定になりそうです(>_<;)

MarcホルンとHCミュート、あわせて試奏してみてください!!
どちらも日本初上陸の商品ですので、皆様の感想をお聞かせ下さい☆
日本のお客様の感想をドイツに届けることで、作り手とプレーヤーが近い存在になれると思います♪

皆様のご来店をお待ちしております(^^)/~

☆JAPAN HORN QUARTET☆

昨日は、トッパンホールでJapan Horn Quartet(=JHQ)の演奏会でした☆
ファイル 167-1.jpg

ネロからは、社長の吉田をはじめ、作道、佐々木、櫻井の総勢4人で聴きに行きました。

今回は、N響の勝俣泰氏とピアノに遠藤直子さんをゲストに迎えての演奏会で、クァルテットあり、クインテットあり、デュオあり…聴き所満載のプログラムとなっておりました♪

その気になるプログラムは…
①シャイト:カンツォン コルネット
②バッハ:バッハ小品集より
③ターナー:テトュアンのカスバ
休憩
④トート:キャメロット
⑤ヴィット:2本のホルンのためのコンチェルティーノ
⑥シューマン:コンチェルトシュテュック

アンコールには、この日62歳の誕生日を迎えた山岸氏にサプライズのHAPPY BIRTHDAY~♪
お客さんも一緒になって、『HAPPY BIRTHDAY DEAR HIROSHI~☆』と歌いました(^^)/~

JHQは、4人全員上吹き!の集まりなので、シューマンは誰がどのパートを吹くのだろう…??と思っていましたが、1st山岸氏、2nd久永氏、3rd西條氏、4th上間氏という割り振りでした。

山岸氏の62歳と思えない演奏に、お客さんも大満足です☆
遠目に見た感じでは、使用していた楽器は、おそらくAlex107X…だと思います。

とっても良い雰囲気の中、終演した後は、もちろん打ち上げに!!

関係者、プレーヤーさん、学生さん、アマチュアホルンの方、業者さん…たくさんの方が集まり、打ち上げ会場は、かなり盛り上がりました!!

中でも…!!
山岸氏の誕生日を祝うため、ケーキが運ばれて…
ファイル 167-2.jpg
ネロ吉田から、山岸氏に『Soft Stand』のプレゼント☆
“歳をとっても、いつまでも立っていられるように…”とコメントを添えていました(笑)

山岸氏も、『沢山の人に支えられて、長生きするのも良いもんだねぇ!!』と仰っていました♪

ここで、メンバーの久永氏から、重大発表がありました…!!

『今日を持ちまして、JAPAN HORN QUARTETは、終わりです…。』

…(・_・)?

…?! ?! ?!

『明日からは、“JAPAN HORN QUINTET”として、活動します!!!』

『新メンバーは、“勝俣さんです!!”』

(≧▽≦)!!

素晴らしい低音を披露した、勝俣氏の加入が発表されました☆
どうやら、終演後、楽屋でメンバーからお誘いがあったそうです。

今後の、JHQ(QUINTET)にますます、目が離せなくなりそうです!!

打ち上げが楽しすぎて、すっかり終電を逃してしまい、お家に着いたのは2時前でした…。

今日もお仕事頑張っています(笑)