記事一覧

☆Soft Stand☆

以前、こちらでご紹介したアメリカ製の【Soft Stand】
ファイル 163-1.jpg

これから、テレビで見る機会も多くなりそうな予感です☆

なんと!!
ファイル 163-2.gif
NHK交響楽団様からご注文頂き、先日9本納品させて頂きました♪

10月から演奏会でも使って頂いているようで、前回のN響アワーでも、Soft Standがチラリ☆…と映っておりました(*^^*)
ファイル 163-3.jpg

従来のスタンドに比べると、楽器が堅いモノに触れる部分が少なく、サッと置けるところがご好評を頂いているようです。

N響アワーをご覧の際は、Soft Standにも、ちょっと目を向けて見てください♪

☆クルトワ トロンボーン 試奏会☆

昨日、某S音大で、アントワンヌ・クルトワのトロンボーンの試奏会を開いてきました!!

忙しい学生さんに無理を言って時間を作ってもらい、メーカーの協力を得て、アルトからバスまで、全部で11本のクルトワトロンボーンを吹きまくって頂きました◎
ファイル 162-1.jpg

中には、クルトワユーザーがいたり、クルトワ初体験の学生さんもいました。

皆さん、思い思いに吹いて、スペックの違いを実際に確かめて頂けたようです。

ハグマンバルブのキャップを外して、中の様子を見せると『なんか、内臓みたい…』という声が…(笑)

クルトワトロンボーンの魅力が少しでも伝われば良いなぁ…と思いって開催しております。

もし、皆様の団体・職場・演奏仲間で、この楽器吹いてみたい!!…という希望がありましたら、どんどん声をかけて下さい♪

ネロ楽器は、お客様の楽器を選ぶお手伝いをしたいと考えております。
お問い合わせ・ご質問等は、TEL:03-3400-7466,またはこちらからどうぞ

☆Jonathanさん、ご来店☆

『ジョナサンで~す!!』

元気な声でご来店頂いたのは、ご存じ、東響のJonathan Hammill氏☆

今日は、A学院で音教のあと、大好きなKUA`AINA(ハワイアンテイストのハンバーガー屋さんです)を食べた後、ふらっとネロに寄って頂いたそう♪

明日、発売のPIPERSにも、4ページにわたって彼の特集が組まれています!!

ジョナサンの、新しいCDがリリースされました。
直筆サイン入りのCDが近日届く予定なので、ご希望の方は、ご連絡下さい♪

CDのジャケットは、彼の友人がこのCDのために描いてくれたそうです!!
とっても可愛らしい絵です☆

空中ブランコしているジョナサンのお尻がキュートです(笑)

ファイル 161-1.jpg

☆ハンスホイヤー社のお客様☆

今日は、ドイツのハンスホイヤー社から、セールス担当のMartin Matthies氏がお見えになりました。

Matthies氏とは、この前上海メッセでもお会いしたばかりですが、今回は、ハンスホイヤーの輸入元ヤマハミュージックトレーディングの津村さんと佐々木さんと一緒にお越し下さいました♪

ハンスホイヤーの日本のマーケット状況や、改良して欲しい点などたくさん話し合いをした後、一緒に食事に出かけました。

食事をしながら、貴重なお話もお聞きしました☆
来年、スペシャル企画を考えているそうです!!
こうご期待♪♪

…それにしても、Matthiesさん、鼻高い!!!

ファイル 160-1.jpg

MUSIC CHINA

さて、今日はMusic Chinaの管楽器フロアをご紹介します☆

メッセ会場は、大きく分けて6つのフロアーに分かれていてそれぞれ、E1・E2…とフロアーごとに番号が付けられています。

E1は、ピアノをはじめとする鍵盤楽器
E2は、ヴァイオリンなどの弦楽器
E3は、中国の民族楽器
E4は、管楽器と打楽器
E5・E6は、エレキギターやエレクトーンなどの電子楽器

というように、一つのフロアーの中に、大小沢山の楽器店のブースが並んでいます。

私たちのお目当ては、もちろんE4の管楽器フロアー。
ファイル 159-1.jpg

エントランスから、E1→E2→E3と突っ切って、E4に到着。
ブースを出しているのは、ほとんどが中国のメーカーでした。
日本でも知られているメーカーというと、PAXMAN・B&S・クランポン・マリゴー・デニスウィック…と言ったところでしょうか。
これらも、本国からの出展というよりも、中国国内の代理店が出している…と言った感じでした。
ファイル 159-2.jpg

まずは、PAXMANの代理店のブースへ。
ファイル 159-3.jpg
こちらには、PAXMAN本社のマネージャー・Mr.Flowerがいらっしゃいました。
今、お店でオーダーしている商品の確認や新規にオーダーするモデル、マウスピース、パーツを注文してきました。
これからシリーズ4もどんどん入荷する予定なので、ご期待下さい♪

うまくいけば、来月にはトリプルホルンも入荷するかも?!

お次は、3人が気になったこちらのブース!!
木管楽器からトランペット・テューバまで、沢山の楽器が並ぶ中、見つけたのがこの楽器でした。
ファイル 159-4.jpg
○で囲ってある楽器、分かりますか??
なんと、ナチュラルホルンなんです。
この楽器もオーダーしてきましたので、入荷をお楽しみに♪

お次はこちら↓
ファイル 159-5.jpg
このぐるぐる巻きのラッパのようなもの。
これはメーカーは『ビューグルだ』…と言っていました。
ベルフレア部分に管がぐるぐる巻き付いていて、ちゃんと息が通るようになっています。
この楽器を作るのは、すごい手間がかかるそうですが…金額を聞いて驚愕!!
ビックリしすぎて、オーダーしてきちゃいました☆
こちらも近日入荷すると思いますので、到着をお楽しみに♪

中国の勢いというものを肌で体感してきましたが、いやぁ、凄い!!
『The!商売人!!』って感じです(笑)
「安い!良く鳴る!!」…って日本語は知っているようです。

もちろん、中には「これって、○レキ?」…っていう楽器も沢山ありました。
めちゃくちゃ重くて、ベルもかなり分厚かったですが…

でも、楽器1本をかなりの低コストで造れるということは驚異です!
これで、質がもっともっと上がれば、ヨーロッパの高級楽器たちは売れなくなってしまいそうです…