記事一覧

2014 Music China その1

上海メッセ行って来ました!
今回は、3年前に引き続き、2回目の訪問です。
ファイル 271-1.jpg

とにかく会場が広い!!!
メッセの規模も、前回よりかなり大きくなっている印象。
端々に中国の勢いを感じずにはいられない旅でした。
ファイル 271-2.jpg

いろんな楽器が並んでおりましたので、ほんの一部をご紹介…。
ファイル 271-3.jpg

こちらはチェロだそうで、「とっても画期的な楽器なんだ!」みたいな雰囲気のことを
熱く説明してくれました。(中国語なので想像です。)
ファイル 271-4.jpg

プラスチックの楽器も沢山並んでいました。やはり今の流行りなのでしょうか…。
ファイル 271-5.jpg

続きはまた近日中にご紹介致します!

IHS 2014 in London ⑥

ロンドンでは、パックスマンのお店にもお邪魔してまいりました☆
ファイル 270-1.jpg

地下鉄の駅を降りて5分くらいのところに、ひっそりと佇んでおります。
このひっそり感、なんだかとても親近感が湧きますね。
ファイル 270-2.jpg

お店の中は、沢山の楽器や楽譜、CDがずらり。
(新品の楽器のほとんどはIHS会場でしたが)
ファイル 270-3.jpg

工房の方も、少しだけ覗かせていただいて、記念撮影!
ファイル 270-4.jpg

ロンドンに足を運ばれる際は、みなさんも是非立ち寄ってみてくださいね☆

IHS 2014 in London ⑤

本日は、昨日に引き続き、コンサートの模様をもう少しご紹介致します☆

こちらはブタペスト・フェスティバル・ホルン・カルテットの皆様です。
以前、ナジさんが日本の大学で指導されていたこともあり、
久々の再会を懐かしんでおりました!
ファイル 269-1.jpg

こちらはリチャード・ワトキンスさん。
この日は、コリン・マシューズのホルンコンチェルトなどを演奏。
パックスマンのModel45を使用しておりました。
ファイル 269-2.jpg

IHSでは、R.シュトラウスなどの馴染みのある定番のコンチェルトから
現代の作曲家の新しい作品を沢山取り上げているのが印象的でした。

ベルリン・フィル・ホルンカルテットの演奏では、
曲にちなんだ国のゲストの名前をコールするサプライズもありました。
ヴェクレさんもコールされておりましたね♪
ファイル 269-3.jpg

みなさまお馴染みの「地下鉄ポルカ」では、なんとネロ吉田がコール!
ロンドンでこの名曲を聴けて感激です!
ファイル 269-4.jpg

また、この日も演奏されていた「フォー・コーナーズ」の楽譜(一部)が
先日、再入荷致しました☆
数量限定ですので、どうぞお早めに!
ファイル 269-5.jpg

IHS 2014 in London ④

先週ロンドンで行われたIHSですが、
本日は演奏会の様子を少しご紹介致します。
ファイル 268-1.jpg

今回は、日本のアンサンブルグループも登場☆
「つの笛集団」のみなさんです!
プログラム表記が、”Tsunobue Sherdan” となっておりまして
ちょっとオシャレなことになっていました(笑)
ファイル 268-2.jpg

この日は、作曲家のEwazenさんもいらっしゃっており、
つの笛集団のために委嘱した「夢の架け橋」を演奏しておりました。

こちらは、NYPOのマイヤースさん。
久々に会ったとのことで、マイヤースさんが本当に嬉しそうにネロ吉田と話していたのがとても印象的でした。
ファイル 268-3.jpg

プログラムは、お馴染みのシューマン:コンチェルトシュトゥック。
拍手喝采の夜でした!!
ファイル 268-4.jpg

IHS 2014 in London ③

本日は、アレキサンダーのブースをご紹介致します!
ファイル 267-1.jpg

まずはフィリップ社長との一枚♪
ファイル 267-2.jpg

アレキサンダー社のFacebookにも掲載されておりましたので
ご覧になった方も多いのではないかと思います。

今回は、ずらりと並んだ楽器の中に、
103・ライトモデルのプロトタイプも展示されておりました!
ファイル 267-3.jpg

ベルリンフィル・サラさんのCDもNEWリリースです!
ちなみに、ホルンを持ってるこの手は、サラさんご本人だそうです!
ファイル 267-4.jpg
ファイル 267-5.jpg

ねろぐに書ききれないインフォメーションも沢山ありますので
ご来店の際に、ぜひスタッフに尋ねてみてくださいね!