記事一覧

中古トランペット 大集合♪

ファイル 111-1.jpg
当店に入荷した、中古のラッパたち☆
左から…
①ストンビ ピッコロトランペット
②バック B♭管
③ストンビ B♭管
④ペーター ロータリートランペット B♭管
かなり、お安いのでご紹介♪

ファイル 111-2.jpg
①ストンビ ピッコロトランペット
モデル:ELITE
調子:A/B♭
ベル:イエローブラス
本体仕上げ:シルバープレート
コルネットシャンク
新品同様です。
販売価格 \150,000-

ファイル 111-3.jpg
②バック B♭管
180ML/37/25H
マウスパイプ=ブラックバーン
販売価格 \120,000-

ファイル 111-4.jpg
③ストンビ B♭管
モデル:COMBI
ベル:イエローブラス
本体仕上げ:ゴールドプレート仕上げ
付属替えベル:スターリングシルバー
ボア:ML
新品同様です。
販売価格 \180,000-

ファイル 111-5.jpg
④マーチン・ペーター
ロータリートランペット
調子:B♭
ベル:ゴールドブラスベル
仕上げ:ラッカー有り
クランツ仕様
すでに製造中止したメーカー
販売価格 \150,000-

お問い合せ・ご注文は、TEL:03-3400-7466、またはnero@yo.rim.or.jpまで、ご連絡下さい☆

店頭にて、試奏して頂けます♪

ALEXANDER HORN 入荷!!!

ホルンの王様!アレキサンダーホルン、各モデル入荷しました。
ファイル 110-1.jpg
物がいっぱいで、恥ずかしいので目隠しました。
目がチカチカして、すみません…。

ファイル 110-2.jpg
まずは、定番モデル103!
左が103GBL 定価\1,428,000-
右は103MBL 定価\1,323,000-

ファイル 110-3.jpg
こちらはガイヤータイプの1103MBL 定価\1,323,000-
その他にも、503MBL 定価\976,500-もあります。

ファイル 110-4.jpg
こちらは、B♭/High F管のデスカントホルン。
107XGBL 定価\1,690,500-

ファイル 110-5.jpg
そして、コチラ!!
メカメカしてて、カッコイイです☆
アレキサンダー社のフルトリプル 301MBL 定価\2,163,000-!!
お値段もビックリ!!

…まるで年末のアレキフェアのようなラインナップ☆
…もしかしたらご相談に応じて、安くなっちゃうかもしれません♪

ホルンのことなら、ネロ楽器にお任せ下さい(^_^)/~

♪JAZZ HORN♪

東谷慶太(ヒガシタニ ケイタ)さん…先日、Y社のt村さんと一緒にご来店頂きました。

どんな方なのかも分からずお話しを伺うと、JAZZ HORNプレイヤーさん…とのこと!

当店は皆様ご承知の通り、クラシック率が高いため、JAZZのプレイヤーさんにご来店頂く事は大変珍しいことなのです。
しかも、HORNって!!!
あまり馴染みのないJAZZ HORN…うーむ、一体どんなものなのか、聴いてみたい♪

東谷さんは、主に関西のほうで活動をされていて、1stアルバムとなるCD『Pop Corne』を2008年にリリース、今回待望の東京デビューライブとなったそうです。
ファイル 109-1.jpg

楽器はアレキサンダーのモデル403をお使いだそうで、赤ベルに金メッキのクランツ付きの仕様だそうです!
なんだかとてもゴージャスな楽器ですね♪

今回のライブの詳細をここで宣伝させて頂きます☆
ライブ会場となるのは、沢山の生音を披露してきた、『南青山マンダラ』
日時は、3月18日(木)19:30開演です。
チャージ料は\5,000-(1ドリンク付きです。)
ファイル 109-2.jpg

もうこれだけで、オトナな雰囲気…☆
素敵です。

このライブでは、豪華なゲストも登場!
ピアノ:深町純
ベース:竹田弘樹
ドラム:堀越彰
ホルン:海野貴裕、丸山勉、古田儀左エ門
ファイル 109-3.jpg

JAZZ HORNの音色がどんなものなのか興味津々です。

nero店主の吉田は、CDを聴いた感想を私たちスタッフに話してくれました。
nero吉田も若かりし頃、トランペットでジャズバンドのアルバイトをしていたそうですから、初めは厳しい気持ちで聴いていたのかもしれません。
ですが、『面白い!!巧い!!いいバンドだ!!!』と興奮しながら、その場でご本人に電話を掛けていました(笑)

吉田たってのお願いで、当店でもCDを預からせて貰えないか…ということになり、こうしてみなさんに知って頂くことになりました。

まだJAZZ HORNに出会ってない方、一歩足を踏み入れてみませんか☆

シャネル&ストラヴィンスキー

ファイル 108-1.jpg

最近、「のだめカンタービレ」が映画になったり
クラッシックがより身近なものになってきましたね♪

私事ですが、最近映画をよく見に行きます。
先日
「シャネル&ストラヴィンスキー」
という映画を見に行って来ました。

主人公は、偉大な作曲家イゴール・ストラヴィンスキー
ファッション界の女王、ココ・シャネル。

この二人には意外な接点が・・
そして二人の出会いが
ストラヴィンスキーの名曲「春の祭典」
シャネルの最も有名な香水「No,5」を生み出した!そうです。

あまり話すと、ネタばれ&映画宣伝みたいになってしまうので笑
ご興味のある方はぜひ見に行ってみてください。

この映画を見た後に、春の祭典を聴いてみたいと思いました♪
きっと違う観点から曲を聴く事ができるのでは・・?!?!

ピンク!ピンク!ピンク!

なんとなく

ファイル 107-1.jpg

ピンク色集めてみました。

林家夫妻に負けてはいられません。